今は風俗営業許可を取らない店が多い

今は風俗営業許可を取らない店が都内にたくさんあるようです。
でも、いつかは警察にばれてしまうので良いことはありません。
特定多数の人と性的に結びつくのは容易でも道徳的な問題があります。
風俗営業許可を受けていて商売をしているならば、あとは運営次第です。
お客さんとのトラブルがなるべく発生しないように無遅刻、多少のサービスを提供して頑張っているそうです。
しかし、長く続けられるというほどのものではないです。
赤字になったらおしまいはもちろんのこと、競争が激しいのが背景にあります。
競争で生き残った風俗店がさらに、内容も刺激のある濃いものを展開しているそうです。
特に女性スタッフの年齢ですが、未成年者は絶対に雇用しないこと、外国人をやたらに採用しないことに注意が必要です。
女性スタッフは東南アジアの人を大量に採用しているようですが、衛生管理をしっかりすべきです。
東南アジアにはたくさんのマラリア病という伝染病があるそうなので、女性スタッフは日本人の方が良いと思います。