風俗営業許可を得て、堂々とお店をやりましょう!

例えば、趣味のモノを小売で売る商売をしたいとなると、
それこそ、問屋さんから物を仕入れて並べておけば、明日からでも
すぐに商売が出来ます。
ただ、風俗営業の場合は、警察に
風俗営業許可を得る必要があります。
やはり、夜でお酒が絡んだり、女性が男性を相手にするという
ことになると、色々な問題が発生する可能性もあるからでしょうね。
許可を得られない場合も、一見厳しそうに見えますが、懲役に関することや、
お酒や薬の中毒者であってはいけないとか、未成年者とか、お客さんが
安心できないような条件ばかりで、しっかり商売をしようと考えている
人には、全く問題ないですし、むしろ、風俗営業許可とは、それらを証明して
いる許可と考えるとかなりプラスだと言えます。
風俗営業許可は、性的でないパチンコやゲームセンターなどの遊技系も
含まれるので、よく覚えておきましょう。
いずれにせよ、堂々とお店が
出来る状態を作って、思う存分あなたの商才を発揮して、頑張って欲しい物です。