各都道府県公安委員会の風俗営業許可

風俗店の営業は、風営法で規制され、同法の接待にあたるサービスで客と接する営業のことをいい、該当する業態は、各都道府県の公安委員会の許可を受けなくては営業する事ができません。新しい業態などで、風営法に該当しないとしても、接客形態によっては、行政の条例指導対象として風俗営業許可を取得して営業する場合もあります。風俗営業許可を、取得済み店舗の営業は、18歳未満は客や従業員として利用することができなことと、午前0時から日の出までにあたる夜間は開店していない所です。深夜に営業している、店の多くは、深夜酒類提供飲食店として営業しています。風営法に該当しないとして、営業する店には、風俗店では無いと注意書きをして、風俗営業許可を取得せずに営業しているものも見かけますが、風営法としての判断はグレーゾーンに当るものも多く、経営者の認識外での摘発もあるため、各都道府県の条例と照らし合わせた上で所轄の公安委員会へ問合わせるなどの確認は不可欠です。また、俗にフーゾクと呼ばれる、性風俗関連特殊営業は、一般的な風俗店と区別されています。店舗型と無店舗型の業態があり、営業にあたっては各都道府県の公安委員会への届出を要し、風俗営業許可を得る必要があります。