風俗営業許可について

風俗と言う言葉を聞くと、すぐ性風俗を考えるのはスケベなおじさん達でしょうか。
風俗とは、もっと広い範囲を指す言葉でもあるのです。
それは、夜の世界で広くあるものを指します。
ですから風俗とは、来店した客に対し遊興させる、飲食などをさせるなどの営業をすることを言います。
身近なものでは、スナックやバー、高級クラブから大衆キャバレーなどを指すのです。
また麻雀店なども風俗店とされるのです。
このような事業を展開する時は、公安委員会の風俗営業許可を必要とするのです。
そして同じ風俗と言われるものの中でも、接待飲食等営業と接待不可飲食等営業に分かれてもいるのです。
前者は、キャバレーやスナック等であり、後者はディスコやダンスホール更には低照度飲食店などが挙げられます。
そして性風俗とは全く違うものです。
テレビなどではキャバクラがさも悪いようなところのように芸人さんが言うのですが、キャバクラは風俗店であり、性風俗ではないのです。
風俗営業の許可としてキャバクラは、接待飲食業の2号営業に相当するのです。

自費出版なら風詠社にお任せください!関東方面には担当者が月例出張しています。 眠っている原稿を弊社の強みを活かし、低価格で、誠実に、丁寧に世の中に送り出し、最大限に著者の要望にお応えします。
業務支援サービスなら株式会社アクセルメールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 BiZiMoはSIM+データカードプランを月額基本料金3,480円(税抜)からご提供します。